本文へスキップ

○○○の不動産情報 住宅・マンション・土地のご相談は株式会社 村上石材へ

電話でのお問い合わせは0120-177-148

〒673-0433 兵庫県三木市福井1960-1

墓地霊園に行ってお墓をみると 今までと違った形のお墓を目にすることがあります ここ十年程度で色々な形のお墓が出回るようになりました 思い出としてその気持ちを形で表現したい デザイン的に洗練されたお墓が欲しい などの要望を取り入れ従来にはないお墓の形が生まれてきました (株)村上石材ではNeoClassic シリーズとして 多くの方に親しみやすいお墓を展開しています。

オーロラ

やわらかなラインから生まれる個性的な表情が、天空に舞うオーロラのような神秘性と優雅な美しさを伝えます。重心の位置を少し低めにすることで、大地に根をはる安定感を表現しています。

フーロラ

硬質なイメージをもつ石が、豊かな曲線のデザインにより、包み込むような優しさを感じさせてくれます。内に秘めた強さと優しさを、花の女神にたとえこの名に込めました。

シリウス

絶対的な存在感への憧憬。NEW-CLASSICのコンセプトとは一見矛盾するこのテーマに、ギリシャ神殿をほうふつさせる直線的なデザインと、細部に洗練された曲線を用いることにより応えました。

やすらぎ

四季の移ろいの中、洗練された存在感がどんな風景にも違和感なく溶け込んでゆく。そんなコンセプトのもとに誕生した”やすらぎ”。NEW-CLASSICシリーズのFLAG SHIPと呼ぶにふさわしいたたずまいです

ドルチェ

月光

グレイス

スピカ

レグルス

フォルテ


和型

現在一般的に見られるお墓の型は、江戸時代の終わり頃から始まり明治時代から大正・昭和にかけ広まった型です。 基本的な部分は同じですが外柵が付いたり、お墓の下部にカロ−トと呼ばれる納骨部分のあるものなど、地域によりその形状は異なっています。
その地域に根ざしたお墓文化の表れを型の上からも見ることができます。